モルディブ

こんにちは[:パー:] エバスです。

エバスは、またまたモルディブへ行ってまいりました[:飛行機:]
今回はシンガポール経由のシンガポール航空で行ってきました。

マーレ空港には夜の到着です。[:月:] 今回は島までボートでの移動でしたので、暗い海を30分ほどかけて移動しやっとリゾートに到着です。[:グッド:]とは言え、既に寝る時間なので、この日はそのままお休みなさい[:zzz:]

翌日は晴天[:おてんき:] 砂浜も白いのでとってもまぶしい[:ショック:]サングラスは必需品です。


左上:お部屋の前はこんな感じ。
右上:昨晩ボートで着いた桟橋です。今は水上飛行機がとまってます。
左下:プール すぐ前はビーチになってます。
右下:プールの横はこんな感じです。

今回はオールインクルージブのリゾートに宿泊したので、ドリンク、食事は全て含まれていて、いつでも好きな時に食べたり、飲んだりできます[:ディナー:][:ビール:]
ヨガや沖でのシュノーケリング等オプショナルもこの中に含まれていて、自由に参加する事ができます。[:水泳:] エバスはシュノーケリングに参加したのですがボートで15分くらい行った沖のポイントでボートからドボーンです[:船:] 深さは2m?15mくらいのところです。 水は透明なので底まではっきり見えて。魚もいっぱいでした。 イルカやウミガメ、時にはサメを見る事もできるそうです。[:見る:]

さて島に戻って、水上コテージをご紹介します。

水上コテージ宿泊者だけが利用できる専用ラウンジです。ちょっと暑いけど、お昼寝もできますよ。


水上コテージのベランダから。 ここから直接海へ出て、泳ぐ事もできます。[:グッド:]

ハネムーンの人ばかりかと思ってましが、家族や少人数のグループの人達もたくさんいらっしゃいました。

最後に1枚

海岸を工事しているところなんですが、温暖化で砂浜が狭くなってきているそうです。 珊瑚がいない沖から砂を運んで砂浜を広げています。 モルディブのリゾートではエコの為、ペットボトルのゴミもなるべく出ないよう気をつけて、宿泊者へ呼びかけています。 
人事ではないと改めて感じました。

人気ブログランキングへ

バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
03?3567?1202 または 03?3567?4101 まで!

モルディブ到着!

こんにちは、エバスです!

さて、エミレーツ航空でドバイ空港を6時間の乗り継ぎ時間を乗り切り、
向かった先は、インド洋の真珠ともいわれる、モルディブです!

約4時間のフライトには、欧米からの観光客がたくさん乗っていました。
機内エンターテイメントは日本からの路線とほぼ同じなので、日本映画も
ちゃんとありました。機内食↑も1度出ます。

ハネムーナーに大人気のモルディブは、インドの下、スリランカの左下に位置し、
大小合わせて1,000以上の小さな島からなる国です。
2004年のスマトラ沖の津波の時、日本からの援助で作ったテトラポットが大活躍
しました。海に囲まれた国なので、マグロを始め、お魚はたくさん捕れますが、
それ以外はほぼ輸入です。

モルディブのマーレ国際空港に近づくと、下記のように美しい環礁が見えてきます。
残念ながら5月?10月は雨季のため、ちょっと曇り気味。

マーレ空港はフルレ島と呼ばれる島にあり、ここには主な国際線の航空機離発着および、
国内線、そして水上飛行機の離発着が一同に行われます。そして、空港ホテルとしも人気の
フルレホテルもこの島にあります。ご覧のとおり、滑走路は海のそば。結構スリリングな着陸[:冷や汗:]


この空港フルレ島の隣にあるのが、首都マーレのある島。空港からは船で約5分。
世界で最も人口密度の高い(?)首都です。スピードボートで行ける南北マーレ環礁の
リゾートの場合、ギリギリまでリゾート滞在を楽しんだりもできるのですが、水上飛行機や
国内線を利用するリゾートとなると、最終日は正午でチェックアウトとなります。
そのため、空港に早めに到着したお客様は、マーレ市内の観光などをされているようです。
実際、マーレ空港(2階建て)の2階にはレストランやお土産物店、DFSがありますが、
ツナジャーキーなどは販売していないので、もし機会があったらマーレ観光も一興かと。

さて、ようやくマーレへ到着すると、(タラップで降ります)徒歩で空港ビルへ。
入国審査と、荷物をピックアップ(ターンテーブルは2つ)して、外へ。
両替店も出口前にありますが、モルディブのリゾートはほとんどがアメリカドル。
(現地通貨ルフィアはほとんど使いません)
この両替店での日本円からアメリカドルは、現在ドルが不足しているため、
日本で両替していくことをお勧めします。

外に出ると、あったかい空気が漂ってきます。出口付近にはお客様の名前を書いた看板を持って
ガイドさんが待ち構えております。万が一出会えなくても、現地手配旅行社または、
滞在するリゾートのカウンターが両端に↓並んでいますので、そちらへ。

ガイドがお迎えすると、復路の航空券の確認および、現地のご案内をした後、
リゾートのカウンターへお連れします。

今回、エバスは「シックスセンシズ・ラーム」の滞在なので、リゾートスタッフ(英語)が
笑顔で迎えてくれました。ここからはリゾートスタッフがご案内をします。
まず、スーツケースや手荷物すべてにリゾートのタグをつけます。
早いリゾートはこの段階ですでに部屋番号が決定しています。
なんだかワクワクしてきます![:楽しい:]

さあ、リゾートへ!・・・おっと、エバスのリゾートは国内線利用でした[:しょんぼり:]
では、国際線の隣にある、国内線ターミナルへ、歩いて1分。

現在、一部改装中のモルディブ国内線ターミナル。ここで驚いたのが、
チェックインの時に機内へ預ける荷物の他に、自分の体重を測ること!!![:びっくり:]
例のベストコンベアーのような荷物を預けて図る部分へ、手荷物もろとも乗って体重を量ります。
何故、こんなことを?素直な疑問をぶつけたところ、国内線の飛行機も詰め込む重量が
決まっており、予め総量をわかっておくと、その他荷物等も運べる・・・とのこと。
自分の体重(もっとも手荷物も一緒ですが)にがっかり・・のエバス[:悲しい:]

チェックインが終わると、すぐ手前のラウンジで出発までゆっくり。
WiFiが使えるとのことで、IDとパスワードをもらいましたが、線は入るものの、
利用できず・・・残念[:悲しい:]

X線検査を抜けると、プロペラ機が待っています!


全部で40席は、ほぼ満席、エバスは南へ向かいます!
約40分のフライトで(ドリンク1回あり)到着したのは、ラーム環礁にあるカッドゥ(Kaddhoo)空港

現地の人か、唯一あるシックスセンシズのリゾート宿泊客しか降りません。
さあ、ようやくリゾートへ!!!

・・・それは次回までのお楽しみ![:見る:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

モルディブツアーのお問い合わせ・ご予約はこちらから
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
03?3567?1202 または 03?3567?4101 まで!

憧れのモルディブへ♪

こんにちは。エバスです。

今回は普段の疲れを忘れるようなモルディブへ[:おてんき:]
モルディブは1000以上もの島からなる国で、その内の約200島が
ホテルとして利用されているんです。(1島1リゾート[:船:])

空港からホテルまでスピードボートで移動[:GO!:]
このボート想像以上に早い[:!:]
軽く遊園地のアトラクションに乗っている気分です[:ワッ!:]
こちらでは海の上のタクシーと言ったところでしょうか[:自動車:]

今回エバスくんは老舗のリゾートに泊まりました[:拍手:]
目の前にはとっても綺麗な海が広がっております☆彡
なんとも静かな場所で、波の音を聞きながら素敵な時間を♪

今回は残念ながら。。。
[:雨:][:曇り:]が続き、陸から見るだけになりましたが、
モルディブには綺麗な色をした魚がたくさんいます[:星:]
ディズニーのニモだっていますよ[:ラブ:]
天気のよい日はスノーケリングにダイビングお勧めします[:グッド:]

また夜は海沿いのBARで波音を聞きながら、
ステキなカクテル片手に一杯!贅沢な瞬間に乾杯[:月:]
お昼と違った雰囲気にエバスは満足、満足♪

モルディブと言えば…ハネムーン[:!:]と思っていましたが、
ファミリーやダイバー、年配のご夫婦と様々な方が癒しの旅に
来られていました[:飛行機:]

まだまだ日本ではモルディブ=ハネムーンというイメージですが、
いつもと違った雰囲気で、のんびりした贅沢な時間を過ごす旅!
そんな旅を求めている方は…ぜひぜひモルディブへ[:飛行機:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで