カタール・ドーハ

こんにちは、エバスです[:ラブ:]

今日は、カタール・ドーハの紹介です。現在、カタールの入国時にビザ(査証代)が必要です。
カタールの玄関口、ドーハ国際空港で取得可能です。費用はQR100で、
支払いはクレジットカード(VISA、MASTER)となります。仮にクレジットカードを
所持していないかった場合や、現金しか手持ちがない場合は、入国審査横にある
QNB(カタール・ナショナル・バンク)のカウンターでプリペイドカードを購入
(US12ドル)し、お金をチャージして支払うことになります。

つまりお金を多く支払うことになってしまうので、クレジットカードを持参されることを
お勧めします。そして、クレジットカード支払の際のPINコードも忘れずに。
また入国審査では最近、顔認識カメラが設置されました。

さて、中東のカタールは古くは真珠の採取の産地として繁栄していました。
今でも街のモチーフとなり、2022年サッカー・ワールドカップのメインスタジアムも建設される
人口島パールも、もちろん真珠貝の形をしています。

ドーハ市内は、旧市街と新市街に分かれていますが、ドーハを訪れた日本人には決して
忘れられない場所があります。


そう、あの『魔のコーナーキック』、”ドーハの悲劇”の舞台 アル・アリ・スタジアムです。
オープン・エアのスタジアムは隣にモスクが経ち、ここがイスラムの地であることを
感じさせます。ちなみに2011年、この悲劇を振り払うように「アジア・カップ」で
日本代表が優勝したのは、ハリファ国際スタジアムです。サッカーファンにとっては
感慨深い国であることは、間違いありません。

2022年のサッカー・ワールドカップ開催地である、カタールでは現在8万人の観客が入る
メイン・スタジアムの他、さらに2つのスタジアムを建設中です。ドーハの新市街を
見渡すこの広場の横には、最近建設されたばかりのイスラミック・アート・ミュージアムも。

新しい建築物が立ち並ぶ新市街。その一方で、古くからのアラビアの街が残るのが、旧市街
その中でも「スーク・ワキフ」は観光客に人気です。

香辛料や、アラビア風の衣装などをはじめ、お菓子や、何故か動物まで売ってる・・・[:冷や汗:]
お店によっては、アメリカドルやユーロが使えるところもありますが
現地通貨の方が、値段交渉しやすいかも[:?:]

日本ではなかなか見ることのできないものが揃い、昼間も楽しいのですが、夜はまた格別
うっすらとした灯りの中を歩くスークも、味があります。

せっかくドーハまで来たのであれば、このようなスークに立ち寄り、一時のアラビアンナイト
に浸ってみてはいかがでしょう?

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで