カナダ・ナイアガラ ☆Sheraton on the Fall Hotel☆

こんにちは、エバスです[:楽しい:]

カナダに旅行の続きですが、今回滞在したホテルが
とても素敵だったので紹介します[:!:]

[:クローバー:]Sheraton on the Fall

ナイアガラの滝を正面見ることが出来ます。
国境のあるレインボーブリッジや船乗り場は歩いて数分[:びっくり:]
本当に立地抜群です[:拍手:]
部屋のカテゴリーによっては、FALLS VIEWで滝が見えるお部屋もあります

朝食は “Fallsvie Buffet”で頂きました
全席280席のレストランで、もちろんお席から滝が見えちゃうんです[:見る:]
新鮮な野菜やフルーツをいただきながら、のんびり朝食がいただけました[:グッド:]

初めて見た、ナイアガラの滝・・・本当に圧倒されました。
今回はカナダ側がメインだったので、次回はアメリカ側からも見てみたいな[:嬉しい:]

まだまだお話したいですが、今日はこの辺で。

Have a nice weekend[:イケテル:]

*************************************************
カナダへの旅は、バケーションで♪[:URL:]

営業時間 09:30?18:30 (毎週月?金曜日)
*************************************************

カナダ・ナイアガラ  ☆クルーズで花火?!

こんにちはエバスです[:嬉しい:]

カナダで体験してきたオプショナルツアーをご紹介します♪

Hornblower Firework Cruise

トロント空港から、車で約1時間20分掛けて、ナイアガラ・フォールズまで[:車:]

季節限定でクルーズに乗りながら花火が見れるんです[:グッド:]

約40分のクルーズで、アメリカ滝とカナダ滝の両方を周りながら花火とレーザーショウを鑑賞[:船:]

ビールやワインなど飲みながら、ライトアップされたナイアガラの滝と近くで見る花火。今までに体験したことがなく、とても感動しました[:ラブ:]

ツアーにないオプショナルも手配がお見積り可能です♪
お気軽にお問い合わせください[:楽しい:]
*************************************************
カナダの旅への旅は、バケーションで♪[:URL:]

営業時間 09:30?18:30 (毎週月?金曜日)
*************************************************

カナダ旅行 ☆エアカナダ

こんにちは、エバスです[:嬉しい:]

今回はカナダに旅行してきました♪
お伝えしたいことは沢山ありますが、初めてのったエア・カナダ(AC)の
機内の写真をさっそくアップします[:星:]

羽田⇔トロントは毎日運航便。
往路は約12時間、復路は約13時間半のフライトです。

羽田と成田がほぼ同じ運航になってますのでチョイスができていいですね[:拍手:]

エコノミークラスの座席の配列は3-3-3でゆったりできました[:ラブ:]

もちろんパーソナルモニター完備!

画面の左側にUSBソケット、右側に電源プラグがありました。
(電源プラグはないお座席もあるようですが・・・)

飛行機の中の楽しみは機内食ですよね♪

カナダのビールも飲めるし♪

夜食は、カップラーメンが[:!:][:!:]
お湯を入れて、持ってきてくれるので自分の席にくるときはすでに
のびてます(笑)

美味しいご飯とゆったり座れるシートで新しい旅の始まりです[:飛行機:]

続きはまた今度[:パー:]

海外ツアーのお問い合わせ・ご予約はこちらから
営業時間 09:30?18:30 (毎週月?金曜日)

【9月中旬よりキャンペーン開始!】冬もカルガリー カナディアンロッキーへ

【冬のカナディアンロッキー キャンペーン参加中!】冬もカルガリー カナディアンロッキーへ

一度は訪れたいカナダのカナディアンロッキー。大自然が造りだす雄大な風景はカナダの一番の財産です。
夏のイメージが強いカナディアンロッキーですが、冬だって沢山魅力があるのです!
雪に覆われたカナディアンロッキーの風景は凛としていてコントランスが美しい!
パウダースノーでスキー三昧の休日や犬ぞりにトライしてみたり、冬しかできないアクティビティーで休日をお楽しみ下さい♪

冬もカルガリー カナディアンロッキーへ 特集ページはこちら。お気軽にお問い合わせください♪

★☆★ ただいま、カナダ・アルバータ州政府観光公社主催 冬のカナディアンロッキー キャンペーン参加中!
実施期間:2012年9月15日(土)?11月14日(水)
※弊社営業時間:毎週月?金曜日(土・日・祝日を除く) 09:30~18:30
◆カナダ・アルバータ州政府観光公社  冬のカナディアンロッキーキャンペーンページはこちら
◆Facebookアプリを使ったキャンペーンに参加して、プレゼントをもらっちゃおう!(先着100名様まで)
カナダ・アルバータ州政府観光局キャンペーンページはこちら

海外ツアーのお問い合わせ・ご予約はこちらから
営業時間 09:30?18:30 (毎週月?金曜日)

大きな地図で見る

グリーンゲイブルズ!!!!!

こんにちは!エバスです♪

今日は日本では絶大な人気を誇る、「赤毛のアン」(小説、アニメ、映画と日本の女子は必ず一度は目にしている物語ですよね?)で、アンがマシュー、マリラと暮らす「グリーンゲイブルズ」のご紹介です!

この日はとってもお天気が良く、緑の芝生がキラキラ輝いていました!

グリーンゲイブルズは、物語にしか存在しないお家ですが、世界中の「赤毛のアン」ファンのために、物語の舞台となった場所に作られました。その後、博物館と言う形で有料で一般公開になっています。

1階には、ダイアナが酔っ払った?お茶会や、几帳面なマシューの部屋、2階には、手芸と料理が得意なマリラの部屋や、主人公アンのお部屋があります!

アンのお部屋からは、雪の女王と呼ばれるりんごの木がたぶん見える?(中には入れないので・・[:悲しい:])お部屋の中にはマシューに買ってもらったパフスリーブのドレスや、到着した日に持っていた使い古された鞄や、履きなれた靴、ギルバートとの思い出?割れた石版など、ファンにはたまらないものが展示されています。

もうすぐ冬を迎えるプリンスエドワード島ですが、来年はタイタニック処女航海100周年も迎えるアトランティック・カナダ。是非、この機会にプリンスエドワード島へ!!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

モンゴメリ生誕の地とアヴォンリー・ビレッジ

こんにちは、エバスです。

秋というのに、まだ日中は半袖でも大丈夫な都心。きっとカナダ東部は紅葉に染まっている頃でしょう。

今回はプリンス・エドワード島にある、テーマ村(アヴォンリー・ビレッジ)をご紹介・・・の前に、「赤毛のアン」の原作者でもある、ルーシー・モード・モンゴメリの生家をご紹介します。

中に入るには入場料が必要です。4又の交差点近くにあり、意外に交通量があるので、道の反対側から写真を撮る時には気をつけてくださいね。

この家は、フレンチリバーからは車で約10分ほどです。グリーン・ゲイブルズ博物館へはここから車で約20分ほど。

さて、おまちかねのアヴォンリー・ビレッジですが、比較的新しいアトラクションではありますが、「赤毛のアン」のファンにはたまらない体験になるでしょう!

・・と、言うのもここではまさに「赤毛のアン」の世界が体験できるからです!

ビレッジ内は物語を彷彿とさせる建物(教会や学校、納屋に商店など)があり、なんと学校は原作者のモンゴメリが教鞭をとった実際の校舎を移築しています!

また憧れの地へ行ったら、憧れのキャラクターになりきる!というのも旅の醍醐味(?)ですよね。日本じゃ絶対着れない昔風のドレスもここで着れてしまうのです!!!!

ここではアン、ダイアナ、マシューやギルバート風の服があり、お部屋の中に馬車や、ブライトリバーの駅、アンの家のお茶室などの壁画前で、記念写真を撮ることができます。

夏にはなんと、「赤毛のアン」のキャラクターに扮した地元の人達(エキストラ)がアヴォンリービレッジに現れ、一層華やかになります!訪れるなら是非、夏をおススメします!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

フレンチリバー

こんにちは、エバスです。

ドライブの楽しみは、なんと言っても、車でしか出会えない風景。

例えば、プリンス・エドワード島では、フレンチ・リバー。

絵葉書のような、色とりどりの倉庫が湖沿いに立ち並ぶ景色は、思わず目を奪われます。思わず車を停めてカメラを向けていると、すれちがう車のおじさんが、「もっと高台に行けば、素晴らしい写真が撮れるよ!」と教えてくれて、行ってみることに。

実はこの高台、個人の私有地だったんですが、私達のように道端に車を停めて、写真を撮る人が多かったため、高台の土地を寄付した、という逸話が残っています。その方に感謝[:ときめき:]

プリンスエドワードは島ですから、車で廻ると必ず海につきあたります。のどかなビーチでは、散歩する人、じっと海を見つめている人など、様々。例えば、飼い犬との戯れにもいいですね。

そして、なんと言っても、プリンスエドワード島で特筆すべきは、灯台!

本当にたくさんの灯台が、この島にあるんです!個性的なものもあれば、素朴なものもあり、まるで人間模様。

ちょっと地図にない道を走れば、↑こんな廃屋の風景が広がります。
どうです?ドライブに行きたくなったでしょ?[:グッド:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

グリーンゲイブルス博物館

こんにちは、エバスです!

9月に入り、もう秋ですね?。今日はカナダのプリンス・エドワード島にある、グリーンゲイブルス博物館をご紹介します。

ここは作者モンゴメリの叔母さんの家で、今もキャンベル一家が住んでいます。別名「銀の森屋敷(シルバー・ブッシュ)と呼ばれ、世界中からファンが訪れます。

ポーチからお屋敷の中に入ると、古いストーブと小さなショップ、そして世界中のあらゆる言語(?)で書かれた赤毛のアンの本が置かれています。

1階の居間にはモンゴメリの自画像が飾られ、ひょっとしたらここでストーリーを書いたかもしれない、書棚がありました。

そして同じく1階の客間では、モンゴメリ本人が1911年にマクドナルド医師と挙式をあげた、その場所!

2階にあがると、モンゴメリ本人の手によるクレイジー・キルトが展示されています。その名のとおり、あらゆる色がひしめきあって、ほんと、クレイジー!

最後に、この敷地内にある湖は「輝く湖水(シャイニング・ウォーター)」で、オプショナルツアーで湖沿いの道をマシューに扮した御者が手綱を握る馬車が走ることもあります。

アンの気分に浸れる場所は、このプリンスエドワード島にはたくさんありますが、ここは必ず訪れるべき、場所ですね!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

Kensington

こんにちは、エバスです。

今日はプリンス・エドワード島にあるケンジントンという小さな街を案内します。

ここはプリンス・エドワード島で一番大きな街ハリファックスから車で約30分。赤土と、緑の畑、木々に囲まれたのどかな道を通り、旅はのんびり続きます。

ケンジントンは「赤毛のアン」の物語の中に登場する、アンとマシューの出会いの駅「ブライト・リバー駅」のような昔の駅舎が残っています。

今はPubに変わってしまった[:冷や汗:]駅舎ですが、線路も一部残っており、お天気も良かったので、しばし一休み。

映画の「赤毛のアン」で使われたのはエルマイラの駅舎で、こちらはシャーロットタウンからは車で3時間ぐらいかかります。御手軽に見たい場合はこちらをお勧めします。

そしてケンジントンの街にはもう1つ目玉が。

このゴシックな建物、何だと思います?[:びっくり:]
実は「ホーンテッド・マンション」[:冷や汗:]
そう!ここはお化け屋敷なんです!夏季のみオープンとのことで、もし暑?い夏に訪れるなら、ケンジントン駅舎から徒歩5分のこちらへ訪れて、涼んでみてはいかがでしょう?[:楽しい:]

または、正攻法[:楽しい:]

地元でも大人気のアイスクリーム屋さんで、一息入れましょう♪

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

Water Prince Corner Shop

こんにちは、エバスです。

今日はシャーロットタウンを訪れたら、必ず食したいこの一品!をご紹介します♪

それは、ロブスター!!!!!

食い意地が張ってる、エバスはB&Bのオーナーが予約してくれた、この街で一番有名なロブスター料理レストランに行ってきました!

ここが、「Water Prince Corner Shop」お店の名前はWater StreetとPrince Streetの角にある、という地名そのままのお店です。

大変人気のレストランなので、必ず予約することをおススメします!

今回エバスが注文したのはWater Prince Platterという、ホタテ、ロブスター、ムール貝がセットになったもの。このボリュームで26.95カナダドル(約2,400円)!!

名物のロブスターをたっぷり食べたいっ!と言う方には、大きさ(1パウンドから?)によって値段が異なりますので、お店でチェックしてくださいね!英語のスタッフはとてもフレンドリーで、メニューは日本語でもあります!

ロブスターも美味しかったのですが、エバスが気に入ったのはこのムール貝!!

溶かしたバターにつけて、バケツ一杯の食べきれないほどのムール貝を食べました!

シャーロットタウンの街には他にも「赤毛のアン」グッズを売っているお店や、
ちょっとした面白いオブジェなどがあり(実は自転車の鍵をかけて停めて置く場所だった)散歩してみるといろんな発見がある街ですよ!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで