世界遺産 ハロン湾

こんにちは[:パー:] エバスです。

今日はベトナム北部にある世界遺産「ハロン湾」を紹介します。[:グッド:]

首都ハノイから車で約3時間の場所にあります。[:路線バス:]
ちょっと長めのドライブにはなってしまいますが、一見の価値アリです。[:見る:]

海から突き出た無数の島影がとても幻想的で、ベトナムきっての世界遺産景勝地です。
水墨画のような景色は、中国の桂林に似た感じで「海の桂林」とも呼ばれています。
その大小さまざまな奇岩の中を船でクルーズします。

船もいろいろなタイプのものがありますが、今回は「バーヤ号」という船に乗りました。 少人数向けの船で10人くらいがちょうど良いくらいの大きさです。[:船:] 2階にはデッキもあり、ゆったりとクルーズを楽しむ事もできます。 船内での食事はベトナム風フレンチを楽しむ事ができます。[:ディナー:]

途中で水上生活をしている人達の村に立ち寄ります。 ここで売られている新鮮な魚介を買って船に持ち帰れば船内で料理してもらう事もできますよ。[:魚:]

往路のバス3時間→クルーズ3時間→復路のバス3時間と、おおまかにはこのようなスケジュールになりますが、もう少しゆっくりという方にはこのハロン湾周辺のホテルへの宿泊もおすすめです。 また、宿泊キャビンを備えた船を使えば1泊2日のクルーズも可能です。夜は船から満天の星空を眺めながらカクテルを楽しんだり、船長からハロン湾にまつわる龍の伝説を聞いたりとゆっくりとした時間を過ごす事ができると思います。[:拍手:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

アゼルバイジャン ヘイダル・アリエフ国際空港

こんにちは、エバスです。

今日はアゼルバイジャンのヘイダル・アリエフ国際空港のご紹介です。

「アゼルバイジャン」・・・・どこ?[:冷や汗:]

という声が聞こえてきそうですが、カスピ海に面する、石油、天然ガスなどの産出国で、旧ソ連から独立したのが1991年と、わずか独立して20年あまりの国です。

このアゼルバイジャンの玄関口、ヘイダル・アリエフ国際空港は現在、改修工事の真っ最中。エバスが訪れた時は、ほんの一部新しい外壁ができあがっている状態ですので、まだまだこの建物は健在のようです。遠目から見るとパゴダのような空港ターミナルビル。首都バクーからは車で約40分?1時間。

アゼルバイジャン航空の本拠地。

ボーディングブリッジも数本ありますが、航路によってはターミナルから歩いて、航空機へ行く場合もあります。

航空機から降りて、ターミナルビルに入るとすぐに下へ降りる階段があり、もう降りる階段から入国審査の黄色いカウンターが見えます。

まるで旧ソ連時代のような、濃緑色の軍服を着た係官が審査にあたりますが、顔認識カメラもあり、時間も結構かかります。(一人あたり3?5分)※アゼルバイジャン入国には日本で事前に査証取得が必要です。

入国審査が終わるとすぐ目の前の預け荷物が出るターンテーブルが。

振り返ると、小さな免税店。やはりウォッカやジンが多い・・・

荷物をピックアップすると、一度X線検査があり、外へ出ることができます。

出国する時は2階へあがる前に一度X線検査、チェックインの前にX線検査があります。お手洗いは出国審査までないので、チェックイン前に。2階には、小さなキヨスク兼お土産店が2店、カフェが奥に1つあります。

意外に液体に関しては何も言わない・・・[:冷や汗:]

チェックインカウンターは10個ほど。カタール航空は左端に位置していました。出国審査を抜けると、ゲートは1?8番が振られていますが、今回はぎりぎりになってゲート番号が変わり、カタール航空の係員が本来のゲートを通り過ぎていったので、気づいたようなもの。

免税店も1件ありますが、品数はさほどありません。アゼルバイジャンのおみやげ・・・ほとんどの人が紅茶を買っていました。後はアゼルバイジャンのワイン。すっきりして飲みやすいのが特徴です。カフェやレストランも1件ずつありますし、ちょっとしたお土産店も2つほどありました。

実はエバスが2月初旬にアゼルバイジャンに行った際は、ヨーロッパを襲う大寒波のため、フライトキャンセル、空港閉鎖になりました。こればかりはしょうがない・・・[:悲しい:]翌日再トライして、お天気回復、無事旅立つことができました。

見てください。滑走路も雪だらけ・・・

貴重な経験をつんだ、エバスでした!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

女人街

今回はエバス、香港の女人街へ行ってきました[:飛行機:]

その名の通り「女人街」では女性向けのものを取り扱う露店が軒を連ねてます。
《はじめ女人街と聞いて男性向けのあやしいお店が集まるところを想像してしまったエバス。。。お恥ずかし。。。健全な街ですよ[:グッド:]≫

話を戻し、女人街にはファッション・鞄・アクセサリー・雑貨・お土産向け小物・子供向けグッズ等など、数え切れないほどのお店があります[:楽しい:]女性向け商品がメインですが男性向けの衣類や時計・電化製品アクセサリーなどのお店もあります。日本ではあまり見かけないキャラクター商品もあり面白い[:up:][:up:]
道路の両脇にリヤカーでお店を開いているせいで道は狭いですが、1キロくらいでしょうか。
とにかく長いです[:!:]

雰囲気的には韓国の南大門や台湾の士林夜市といった感じです。
露店なので値段交渉は必須です、半額近くになる事もあるので思い切って値段交渉しながら買い物を楽しんで下さい。

子供から大人までどなたでも楽しめる女人街!!
平日でも午後3時くらい?深夜12時くらいまでお店が出ているので時間を見つけて行ってみて下さい?[:グー:]

香港のMUSTスポットのご紹介でした[:ひらめき:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

極寒のソウルを楽しむ♪

こんにちは。エバスです[:イケテル:]
今回エバスは一番寒い時期のソウルへ行ってきました[:雪:]
到着前日は50年ぶりのマイナス18度[:びっくり:]とかなり寒かったようですが、
エバスの滞在中の3日間はマイナス5度とまだましでした。

機内から見た仁川空港付近の海が凍ってました[:冷や汗:]

夕食に今が旬のカンジャンケジャン(カニの醤油漬け)を食べに
新沙洞まで行って来ました。マッシソヨ?[:ラブ:]

昼食は、いつも行列でなかなか入れない、前の大統領が食べに行ったことで
有名になった土俗村で参鶏湯に挑戦[:!:]
寒いせいかちょっとしか並んでなく5分ほどで入店できました[:楽しい:]

2日目の夕食は焼肉を頂きました[:ディナー:]
ロース、カルビサルといつもの骨付きカルビ[:!:]

焼肉の後にソジュ(韓国焼酎)とまっこりを飲みにチョゲグイ屋へ。
チョゲグイは日本で言う残酷焼きのようなものです。味付けは
バターやコチュジャンと異なりますが[:!:]

食べて、飲んでばかりに見えますが、しっかり観光もショッピングにも
行って来ました。
続きは次回に!!

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

カタール・ドーハ

こんにちは、エバスです[:ラブ:]

今日は、カタール・ドーハの紹介です。現在、カタールの入国時にビザ(査証代)が必要です。
カタールの玄関口、ドーハ国際空港で取得可能です。費用はQR100で、
支払いはクレジットカード(VISA、MASTER)となります。仮にクレジットカードを
所持していないかった場合や、現金しか手持ちがない場合は、入国審査横にある
QNB(カタール・ナショナル・バンク)のカウンターでプリペイドカードを購入
(US12ドル)し、お金をチャージして支払うことになります。

つまりお金を多く支払うことになってしまうので、クレジットカードを持参されることを
お勧めします。そして、クレジットカード支払の際のPINコードも忘れずに。
また入国審査では最近、顔認識カメラが設置されました。

さて、中東のカタールは古くは真珠の採取の産地として繁栄していました。
今でも街のモチーフとなり、2022年サッカー・ワールドカップのメインスタジアムも建設される
人口島パールも、もちろん真珠貝の形をしています。

ドーハ市内は、旧市街と新市街に分かれていますが、ドーハを訪れた日本人には決して
忘れられない場所があります。


そう、あの『魔のコーナーキック』、”ドーハの悲劇”の舞台 アル・アリ・スタジアムです。
オープン・エアのスタジアムは隣にモスクが経ち、ここがイスラムの地であることを
感じさせます。ちなみに2011年、この悲劇を振り払うように「アジア・カップ」で
日本代表が優勝したのは、ハリファ国際スタジアムです。サッカーファンにとっては
感慨深い国であることは、間違いありません。

2022年のサッカー・ワールドカップ開催地である、カタールでは現在8万人の観客が入る
メイン・スタジアムの他、さらに2つのスタジアムを建設中です。ドーハの新市街を
見渡すこの広場の横には、最近建設されたばかりのイスラミック・アート・ミュージアムも。

新しい建築物が立ち並ぶ新市街。その一方で、古くからのアラビアの街が残るのが、旧市街
その中でも「スーク・ワキフ」は観光客に人気です。

香辛料や、アラビア風の衣装などをはじめ、お菓子や、何故か動物まで売ってる・・・[:冷や汗:]
お店によっては、アメリカドルやユーロが使えるところもありますが
現地通貨の方が、値段交渉しやすいかも[:?:]

日本ではなかなか見ることのできないものが揃い、昼間も楽しいのですが、夜はまた格別
うっすらとした灯りの中を歩くスークも、味があります。

せっかくドーハまで来たのであれば、このようなスークに立ち寄り、一時のアラビアンナイト
に浸ってみてはいかがでしょう?

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

カタール航空

こんにちは!エバスです![:星:]

今日はスカイトラックス社から昨年「エアライン・オブ・ザ・イヤー」第1位で選定された
カタール航空をご紹介します。

カタール航空は、成田?関西?ドーハ間を毎日運航しています。成田からのお客様は往復とも
関西経由となりますが、往路は機内待機、復路はターミナルへ、と往復でちょっと異なります。
今回はそこも含めてご案内したいと思います。

エバスは2012年2月1日に就航したばかりの、ドーハ(カタール)?バクー(アゼルバイジャン)
?トビリシ(グルジア)間の就航便に乗る為、成田から出発しました[:飛行機:]

成田は第1ターミナル、南ウィング Hカウンターがカタール航空のカウンターです。
カタール航空は、出発の36時間前からウェブチェックインが可能なのでチェックイン済みの方は
カウンターで荷物を預けるだけ。

でも、ここがくせもの。ドーハの空港は4つのターミナルに分かれているため、
利用するターミナルによってタグや搭乗券を入れるキット、手荷物タグの色が異なります。
チェックインをする際はドーハ入国(青)、乗り継いで他国へ行く場合(黄)
ビジネス、ファーストクラス利用(エンジ)など、必ず確認をしてください。
なお、ドーハで同日乗継をする方は、機内預け荷物および、搭乗券は最終目的地まで、となります。

さて、機内へご案内しましょう♪

まずエコノミークラス。今回利用した機材は1年2か月しかたっていない新しい機材だったので、
エコノミークラスにも、USBがついていましたから、i-podなどの充電が可能です。
またパーソナルテレビは日本語対応。タッチパネルでも、コントローラーでも操作ができます。
座席は3?3?3の並び。

続いてビジネスクラス。座席は2?2?2で、全部で42席。180度のフルフラットシートで
隣合わせの座席でも仕切りが長くとられていて、それだけでプライベート感があります。
成田?関西の約1時間のフライトでも食事がでます。
成田からのお客様は関西で約1時間の機内待機となります。

関西?ドーハ間のこのビジネスクラスの特筆すべき点は、機内食が”好きな時”に
”好きなだけ”食べれること[:ときめき:] メインの6品から好きなものを
複数選ぶことが可能なのです!写真は夕食のお寿司! さらに、朝食にも和食があります[:拍手:]
また、寝るときはパジャマの用意もされています!

さて、往路は約11時間弱乗って、ドーハに到着。
ドーハの空港ではタラップを降りて、バスでターミナルへ向かいます。

その時に重要になってくるのが、あのタグの色[:!:]
ビジネス・ファーストクラスで乗継ぐ方は、直接プレミアムターミナルと呼ばれる
専用ターミナルへ向かいますが、エコノミークラスの方はドーハ入国(青)と乗継(黄)で
ターミナルが異なりますので、ご注意ください[:びっくり:]

ちなみに、プレミアムターミナルは、銀行の個人顧客のようなロビーカウンターがあり
チェックイン、出国審査を抜けると、1階が免税店、2階にビジネスクラスとファーストクラスの
それぞれのラウンジが分かれていて、スタッフが迎えに来るまで、ゆったり食事やシャワーを浴びて
寛ぐことができます。

ドーハの空港は新ターミナルを建設中で、早ければ今年の12月にオープンするとのこと。
現在のターミナルと併用しながら稼働していく予定だそうです。

さて、2月1日就航したドーハ(カタール)?バクー(アゼルバイジャン)?トビリシ(グルジア)間
今度はこちらをご紹介しましょう♪

こちらは3?3の座席配列で、機内放送は英語とアラビア語です。

ドーハ(カタール)?バクー(アゼルバイジャン)は約3時間なので、しっかりした食事がでます。
バクー(アゼルバイジャン)?トビリシ(グルジア)間は約1時間なので、軽食です。


もし、ドーハ(カタール)からトビリシ(グルジア)へ向かう場合は、バクーでは機内待機となります。
日本ではあまり馴染みのない、アゼルバイジャン、グルジアですが、
複数の世界遺産を持ち、ワインや紅茶も有名です。夏の時期は高山植物などが見ものです。

バクーやトリビシについてはまたblogでご紹介しますので、お楽しみに[:楽しい:]

最後に・・・ドーハ?関西?成田について。関西空港で降りる方はそのまま入国ですが、
成田まで行かれる方は、一旦航空機から出ます。その際、地上係員が成田行きのお客様に
トランジットパスを受け取るのを忘れずに[:冷や汗:]

関西のお客様と入国審査手前まで一緒ですが、成田行きのお客様はそのまま分かれ、
手荷物検査(X線検査)を受けます。お手元にトランジットパスと、搭乗券の半券、パスポートを
係員へ提示してください。また規定外の液体物は没収される可能性が高いのでお酒などを
海外で購入された方は、必ずスーツケース等に入れることをお勧めします。

検査を通過すると、免税店などショップが並ぶ階へ移動し、時間までにゲートへ移動し、
また元の座席へ戻る形となります。この間約1時間。残念ながら関西では免税品は購入できませんので
関西お土産[:!?:]を買いたい方にはぴったりかも[:グッド:]

5つ星エアライン カタール航空はドーハ経由で中東、アフリカ、ヨーロッパ、アジア
北米、南米を含む110都市以上へ運航しています。弊社でもカタール航空利用商品を多数揃えています
ので、お気軽にお問い合わせください[:楽しい:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

グルジアワイン

こんにちは!エバスです!

今日はとっても珍しい、300年続くグルジアワインの農家に行ってきました!

グルジアってどこ?まずみなさん、そう思いますよね?これは後のblogで詳しく紹介しますが、
まずは!ワインから[:ラブ:]

グルジアでは7,000年前からワイン作りが始まっていた(一説によれば世界最古?のワイン)が
作られた土地だそうです。

グルジアの首都トビリシから車で約2時間、カへチ地方にやってきました。

このワインセラーのご主人Nodanさんが寒い中、待っていてくれました!

ご自宅の中にあるワインの貯蔵庫は奥にあります。

農家らしい穀物があります。

これもワイン作りに使うのでしょうか?貯蔵庫の手前にありました。

貯蔵庫の中にあった道具一式。かなり年期入っています!

貯蔵庫の中、この写真はワインを作る大きな樽を背にして撮っています。20人ぐらい倉庫の中にいます。

世界中から集まる観光客のために、奥様がグルジア特製のパン・ショティ(塩気が入っていて美味しい!)を用意してくれていました。

地中に埋められた樽「クウェヴリ」の中に、なみなみと入っているワイン。
そこから汲み出します。石のふたがされてるだけの簡単な作り。

貯蔵庫のワインはテイスティングだけではなく、販売もしてくれます。ただしペットボトルに入れるだけ[:びっくり:]
500mlのペットボトルで赤ワインは7ラリ(約420円)、白ワインは5ラリ(約300円)
1Lだと赤ワインは10ラリ(約600円)、白ワインは8ラリ(約480円)安い![:グッド:]

チャチャ(という名前の自家製ウォッカ)アルコール度48%は匂いを嗅いだだけで、倒れそうな感じ[:冷や汗:]
白いほうが純粋なチャチャで、赤いのはクリスマス用の果物が入ったチャチャ(といっても
こちらもアルコール度は44%[:!:])

グルジアワインは、赤も白も後味が残らないすっきりしたものが多いようです。
秋の収穫時期にはぶどう祭り(例年:9/20?10/10頃)が開催され、町中が盛り上がるよう。
今度は是非、そんな時期に来てみたいものです。

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで

G係長・・・キティ台北桃園空港の謎に迫る!!

どうも、G係長です[:!:]
先週のメルマガで初登場してしまい、今週のブログに掲載しちゃうと
約束した以上・・・今回はエバスに申し訳ないが、エバスには休んで[:悲しい:]
もらい、G係長が仕切らせて貰いますよ[:グッド:]

ただ、福岡のエバスに、桃園空港の秘密をちょっと漏らされて
しまったが[:冷や汗:]・・・そこは気にせず、なぜ、エバー航空がキティ?の
謎に迫ります[:楽しい:]

これは、朝6時半に帰国のため、桃園空港に到着[:車:]
そこでチェックインカウンターに並ぶと[:びっくり:]

カウンターの上の画面にキティちゃんがお出迎え♪

その後、カウンターの横に・・・これまたピンク色に染まったキティの自動
チェックインカウンター
が出現[:!:]

エバー航空のキティ攻めに圧倒され[:冷や汗:]G係長は普通のカウンターで搭乗券を貰い出国手続きを済ませる[:拍手:]

ようやく、あとはゲートまで行きキティジェットへ搭乗と思っていたら・・・

通路の壁にいきなりキティが出現[:びっくり:]

さらに歩いて東京は今何時かと世界時計を見てみると・・・

各都市の時間の上にキティが点在している[:冷や汗:]

そこで最後出発ゲートに行くと・・・出発ゲートがハローキティ模様になっているし、
出発ゲートの横にはキティ専用ショップが[:!:]

キティジェット[:飛行機:]に搭乗する前にキティ攻めに合ってしまうのが、
そう[:!:]それが[:グッド:]桃園空港なんです[:楽しい:]

ちなみに、エバー航空では、成田発着する飛行機[:飛行機:]でないと、
桃園空港でキティに出会う事は出来ませんよ[:聞き耳を立てる:]
詳しくは・・・ホームページを見てください[:PC:]

そんな訳で、また近いうちにG係長登場しますので乞うご期待[:ときめき:]

人気ブログランキングへ

[:パソコン:]バケーションホームページはこちら

バケーションツアーのお問い合わせ・ご予約は[:便箋:][:鉛筆:]
オーバーシーズトラベル ツアーセンター 月曜日?金曜日 9:30?18:30
[:ケータイ:]03?3567?1202 または [:ケータイ:]03?3567?4101 まで